学校の勉強って意味ある?「勉強してて良かったな〜」と思った話

投稿日:2018年11月16日 更新日:

学生の頃、僕はこう思っていました。

「学校の勉強って社会に出たら使わなくねwww」

うん。ほんまにそうや。殆ど使わん。

今の教育の問題点ってそこにあるんじゃないかな〜と思います。

実際に、学校の勉強の内容が役に立った事例ってあまり見ませんよね。

宝くじの期待値求めて「絶対買わんとこ...」って思えるくらいでしたよ僕の場合。笑

「なんで使いもせえへん勉強を頑張らないとあかんねん」的な生徒だった僕は、今や紆余曲折あり学校の先生してるわけです。

先生になった今でも「これ教えて何になるんや」って内容は多いですよ。

化学で言えば、アンモニアソーダ法とかね。大人になってアンモニアソーダ法使ってる人を何人知ってますか?化学じゃ必須の内容ですよ。いる?

「勉強してて良かった」は大人になったらわかるらしい

これってよく言われません?

「大人になったら楽になるから今のうちに勉強しときなさい」って。

そんな漠然と言われてもな〜って感じですよね。

僕は、生徒に小遣いの稼ぎ方教えてます。

早いうちからお金を稼ぐ練習はしてた方がいいと思いますから。

なんで、みんなは勉強しろって言うのかな〜って考えて出た答えは、

「学歴の持つパワーが強いから」ですね。

こればっかりはマジだと思いますよ。

性格も能力も知らない若者を選考する時、学歴見たらどのくらい教えられたことを覚えて活用できるか、がわかるわけですからね。

効率的ですよね。

だから大人になった時(就活や転職の時)に「勉強してて良かった〜」ってなるんですね。

それが受け継がれている感じです。

僕の勉強してて良かったなと思えた瞬間

学歴の話はほんの1例です。

僕の場合は、教員免許は大きいですかね。

勉強しないと貰えないんですよね教員免許って。

「いや〜勉強頑張ってきて良かった〜」と思いますね。

でも、大人になっても勉強は続くんですよ。

大人になってからの勉強の方が個人的には大事ですね。

だから、勉強やってきてない人でも大丈夫ですよ。全然追いつけますよ。

学歴を手に入れる勝負じゃなくて、お金を手に入れる勝負になりますけどやり方は学生の頃より格段に広がりますしね。

何より、現実味があって楽しいんです。

勉強が直接自分の力になる感覚。

で、今僕は“プログラミング”を勉強してるんですね。

ここで「勉強してて良かった〜」って思えたんですよ。

英語と数学を何となくだけど勉強してて良かった

僕はSkillHacksっていうプログラミング講座を受けているんですね。

Check

主に、プログラミングって英語みたいなんで構成されてるでしょ?

あれ、僕らがよく知ってる英語なんですよ!

ね。

「あれ...読めちまう...」って感じでしょ。

めっちゃ勉強してて良かった感出ましたね。

他にも、変数っていうのがありましてね。

変数って聞いただけで「難しそ...」って思うでしょうけど本当に簡単でね。

例えば

a>10

みたいなコード(プログラミングの数列みたいなもん)があるとしますね。

この”a”が変数ってやつですよ。数学で言う“x”とか“y”みたいなもんです。

つまりこれは「aが10より小さくなったらどうにかなる」っていう条件を表してるコードなんです。

”a”が例えば経験値としましょうか。

a=exp

めっちゃ仮ですけどこんなコードにしますね。

”exp”が経験値って意味です。ここは何でもいいんですけどね。

「経験値が10溜まったらレベルが上がるよ」

みたいなコードを付け足していって、

”exp”の数字が戦いをするごとに増えていくコードを打ったら

レベルアップ機能搭載完了ですよ。

その繰り返しでアプリを作るんです。

数学ちょっとしてたら“代入”ってやつ習うでしょ。あれの感覚です。

プログラミングしてて

「いやめっちゃわかる〜」ってなりましたよ。(Skill HacksではゲームではなくWebアプリを開発します)

意外にも、勉強って役立つなって思いました。

勉強は環境によって使う内容は違う。基礎が大事

勉強は、結局環境によって使い方が違います。

一般的には、就活の時にパワーを発揮するんだろうけど、そこでパワーを使えなかったからって勉強が意味のなくなるものではありません。

今まで、勉強して来なかったからって気にしなくてもいいです。

今からやれば、余裕で取り返せますよ。

個人的には、勉強は基礎の基礎だけできていれば応用は効くと思っています。

中学卒業レベルで十分じゃないかな。

そこから、自分の身に付けたいスキルに合わせて理解を深めていけばいいと思います。

学校の勉強は、意味のないことが多いのは確かです。

活用法をしっかり教えない僕たち教師にも、責任はありますし、受験制度ももっと変わっていくべきだと思っています。

そこも、今までのデータから学んで、これからまた勉強して、教師が生徒に勉強の意味を見出してもらえるような存在にならないといけないなと思います。

僕は新しく始めた“プログラミング”で勉強してた意味がまた少し分かりました。

新しいことをする、ということは、新しい知識を得られるということです。

どんどん挑戦して、どんどん学んでいきましょうね。

 

今回紹介したSkill Hacksでプログラミンぐを始めてみたい方はこちらからどうぞ

 

 

 

 

よく読まれている記事

まつしの画像 1

初めまして!まつしです! 私は現在、サポート校の主任兼理科教師を務めながら・関西の不登校支援事業の運営に参画している26 ...

-教育論
-, ,

Copyright© まつしの自習室 , 2018 All Rights Reserved.