【アルバイトがしんどい】いいアルバイト先を見つける意外な方法

投稿日:2018年9月18日 更新日:

どうも!まつしです!(まつしのTwitter

今回の記事では、自分なりのアルバイトの探し方をご紹介したいと思います。
アルバイトを経験してこう思ったことはありませんか?

「あ〜もっといいアルバイト先ないかな〜」
「どうしたらいいアルバイト先が見つかるんだろう?」

初心者歓迎って書いてあるのに全然歓迎されなかったり、面接の時に言っていた話と全然違った。。。
なんて事ありますよね。そんなあなたに今回は、50社以上のアルバイトを経験したアルバイトマスターまつし
いいアルバイト先が見つかる可能性を上げる方法を紹介します。
アルバイト先の良し悪しは正直運の要素もありますが、引き運を上げるコツをお教えします。

アルバイト情報誌やアルバイト情報アプリは見るな!

結論から言います。

アルバイト情報誌を信じすぎるのはやめろ!

です。

 

情報誌に載っている=誰かが辞めた

あなたはなぜ、アルバイト情報誌に企業はアルバイトの募集をかけているか考えたことはありますか?
答えは簡単。働く人員が足りないからです。新店舗をオープンさせるためにアルバイトを募集する。いわゆる”オープンスタッフ募集”は例外です。

企業は誰かが辞めてしまった場合、その人の代わりを探さなければなりません。そのタイミングで情報誌にアルバイトの募集をかけるのですが、裏を返せばアルバイト情報誌に載っているアルバイト先は誰かが何かしらの理由で辞めたアルバイト先ということになります。
逆に、アルバイト情報誌になかなか載らないアルバイト先もあります。それは、なかなかその職場を辞めないんです。

毎回毎回、アルバイト情報誌に名前が載っている企業がありますよね?毎月毎月誰かが辞めたか人気では無いんです。

履歴書不要は疑え!

次に、アルバイト情報誌に書いてある内容に

履歴書不要!その場ですぐ採用!

というものがあります。これは、「審査なんてせずに今すぐにでも人を探さないとヤバイから、働きたい人はもう誰でもいい!」ということです。
素性もわからない人が働くアルバイト先。少し怖いですよね。選ぶときは慎重に!

お祝い金○万円

この謳い文句にも注意してください。
これは、人が集まらなさすぎてお金をチラつかせて働き手を探している状態です。人気のアルバイト先ならこんな事しなくても人が集まりますよね!
そうゆう事です。こちらも注意して慎重に選んでください。

また、お祝い金はほとんどの場合、入社した直後には支払われません!3〜6ヶ月働いた後にもらえることが殆どなのでその点も注意して選びましょう。
僕はお祝い金のために、3ヶ月めちゃくちゃしんどい仕事を続けましたが、結局お祝い金の話が有耶無耶にされた経験があります。かなり心にきました。お祝い金の話は、面接時にしっかり聞いて契約書なども書いた方がいいと思います。

全てが悪いというわけではありませんが、アルバイト情報誌には、劣悪なアルバイト先が潜んでいることは事実です。アルバイト情報誌にいいアルバイト先が載ることもありますが、すぐに働き手が決まってしまいます。では、どのようにいいアルバイト先を見つければいいんでしょうか。

働きたい職種をある程度決めてリサーチ


まず、あなたが興味のある職種をある程度ピックアップしましょう。

・スーパーの品出し
・コンビニ
・引越し業社
・IT系
・営業
・塾講師

など、興味のある仕事を選んでください。興味がある仕事をすることで、少し嫌なことがあっても仕事自体が楽しく、苦にならないこともあります。
そして、業種を選び終えたら、その業種の企業をピックアップして、ホームページを覗いて見てください。
そこには応募フォームなどが設置されている場合があり、そこからでもアルバイトの応募が可能です。

アルバイト情報誌にアルバイトの募集をかけるのには、お金がかかります。
”別にお金をかけるほどでも無いけど、もう少しスタッフは欲しいなー”という企業もあり、応募フォームを設けている会社もあります。
気になる近所のスーパーがアルバイト情報誌に載っていなくても、働ける可能性は残っています。

私の経験上、この方法で入ったアルバイト先は、いいアルバイト先だったパターンが多かったです。是非チェックしてみましょう!

知り合いから紹介してもらう

安定感を取るならこの方法です。アルバイト選びで失敗するパターンとして、働いてる様子が客観的には分からなかった。というパターンが多いです。
知り合いからの紹介となると、働いている雰囲気を知っている人からの生の声が聞ける上に、元々働いている知り合いなので、面接も比較的楽に通る可能性があります。

直接電話してみよう!

応募フォームがなかったとしても、どうしてもその職場で働きたい場合、一度電話して見るのも手です。
”今は募集をかけていない”と門前払いを受ける可能性もありますが、しっかり想いを伝えることで掛け合ってくれる可能性は十分あります。

店舗を利用してみよう

働きたいと思っている職場を一度客として利用してみるのも職場選びとしては大事です。従業員の雰囲気も客層も見えてきます。従業員が楽しそうに働いている職場なら、いい職場の可能性はかなり高いです。自分に合いそうかもわかるので、是非一度店舗を訪れて雰囲気を見てください。

まとめ

以上が、いい職場を探す方法となります。
アルバイト情報誌、アルバイト情報アプリだけでアルバイトを探している人は、少し変わった方法でアルバイトを探してみてはいかがでしょうか?

アルバイト面接対策の記事はこちら
アルバイト面接の教科書

 

よく読まれている記事

まつしの画像 1

初めまして!まつしです! 私は現在、サポート校の主任兼理科教師を務めながら・関西の不登校支援事業の運営に参画している26 ...

-教育論
-,

Copyright© まつしの自習室 , 2018 All Rights Reserved.