元ネガティブな僕がポジティブになるために実践したこと

投稿日:2018年7月16日 更新日:

レモンにポジティブな声かけとネガティブな声かけ

Photo by Florencia Potter on Unsplash

「ポジティブになりたい!」「気にしすぎる性格をどうにかしたい!」そう思ったことはありませんか?
今やスーパーポジティブ人間と称される僕ですが、生まれつきポジティブだったわけではありません。どっちかと言うとネガティブ思考の人間でした。

僕はとにかくリスクを恐れて常に保険を掛けて生きてきました。今でも保険は大事なものだと思いますが、物事を悲観的に捉えてしまういわゆる”ネガティブシンキング”はどうにかしたいですよね。ネガティブが当たり前になってしまうと行動が遅くなり、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

僕は”ネガティブシンキング”を直すためにあらゆる方法を試しました!日々ネガティブを直そうと意識することでネガティブな性格も少しづつ改善されて、今や自他ともに認めるポジティブ人間です!
今回はポジティブになるために特に大事な考え方をピックアップしました。

ネガティブはポジティブの素

これは意外かもしれませんがネガティブ無くしてポジティブはあり得ません。
ポジティブな人もネガティブな思考は持ち合わせています。

例えばお皿を割ってしまった時、ポジティブな人は
「まぁ怪我が無くて良かった」
「新しいお皿を買い替える良い口実になった」
などと思うでしょうが、こういった人たちも
”お皿を割ってしまった”
”失敗した”と思います。
しかし、反射的に「ネガティブに考えてもしょうがないな!」と切り替えるのが上手いんです。ポジティブに考えれる人はネガティブに考えるよりもポジティブに考えた方が得と知っているのですぐにネガティブな思考を捨てる癖がついています。
なので、ネガティブな人もポジティブに考える癖をつけていくと自然にポジティブな考え方が身につきます。
ネガティブな考え方をしてしまうのはある意味当たり前のことなので、それを受け入れていかに切り替えれるかが大事になってきます。

ポジティブな人の思考

失敗は当たり前

わかっていることですが、失敗するのは当たり前です。この世になんの失敗もしてこなかった人はいないでしょう。人は失敗をして成長します。

どうしても行動する前に失敗を恐れてしまうのなら、”失敗するのは当然だからやるだけやってみよう!”くらいの気軽さで挑戦してみてください。
挑戦することで、失敗することで学び人として大きく成長できます。

この世にあるのは成功と成長だけです。
成功を目指しチャレンジして失敗してもそれは失敗ではありません。失敗から何かを学べばそれは成長です。その繰り返しが成功へと導きます。
大発明かエジソンも
”失敗は成功のもと”と言っています。成長するために失敗していきましょう!

自分を肯定する

とにかく自分を肯定してあげてください。

・上手く話せない自分
・すぐイライラする自分
・緊張してしまう自分


そんな自分が大嫌いかもしれませんが、自分を認めてその自分を肯定することで周りで起きることも肯定できるようになります。
初めは誰しも初心者です。

完璧を目指さない

何か行動を起こす時に完璧を目指さなくても良いです。
まずこの世に完璧なんてありません。完璧を求めることはナンセンスなんです。
自分の全力を出せば大丈夫です。それにより何か不都合が生じてもまた挑戦すれば良いですし、最悪の自体にはほとんどなり得ません。
僕は行動する際、まず30%くらいを目指して行動します。行動してしまえばあとは流れで進めます。

完璧を求めすぎて身動きが取れないのは本末転倒です。あなたならきっとできます。

弱点ではなく長所を見つける

人は弱点・短所が気になってしましますが、長所も必ずあります。
面接の練習や就活の時にも短所は長所にもなると教わりませんでしたか?

例えば”マイペース”とは一見短所に見えますが、周りに流されず自分の信念を貫けるという長所にもなります!
このように見る角度によっては短所も長所になります。
どんな人にも長所があるので是非長所を見つけるトレーニングをしてみてください!

悪いことの中に幸運が3つ隠れている

何か悪い出来事が起こった時、その出来事の悪い部分に目がいきがちですが悪い出来事の中にも幸運が3つ隠されています!

先日僕はイヤフォンを無くしたのですが、この嫌な出来事の中にも幸運が隠されていました。

・イヤフォンをしながら歩くのを辞めれて環境音の素晴らしさに気づいた
・電車に乗ってる時にイヤフォンをしていないから読書が捗った
・新しいイヤフォンを買い替えるチャンスがきた

最高でしたね!しかも新しく買ったイヤフォンがめちゃくちゃ良かったんですよ!

常識に捉われない

常識が最良とは限りません!
例えば起業家は今までにないシステムを考えて人々の暮らしを豊かにしますよね。
これは新しいもの、つまり常識から外れたシステムを考えて新しい常識を作っているんです。
なので常識に捉われずに様々な視点から物事をみてください。

失敗をした時でも、自分にとっては嫌な出来事ですがその体験談をブログなどに書いて、対処法を書くと読んだ人に感謝されてその失敗が人のためになります。感謝の証としてあなたに思いがけないリターンもあるかもしれません。
周りと違うからこそ良い!誰もやってないからいい!と考えてみてください!

小さなことでも自分を褒める

とにかく小さなことでも自分を褒めてあげてください。

目覚ましをかけて起きれた
ちゃんと出社した
ちゃんと朝ごはんを食べれた
今日も遅刻しなかった
イライラしても態度に出さなかった

どんな小さくても構いません。自分を褒めてください。
その積み重なり自分の自信になります。自信がつけば前向きに物事に取り組めるようになります。
毎日1回は自分を褒めるようにしましょう。自分を褒めるのに慣れてきたら、周りの人も褒めてあげてください。そうすることで周りの人に対しても短所より長所に目がいくようになり、気持ちが前向きになります。

身体の動きから変えてみる

明るい歌を歌うとなんだか元気になったり、運動すると清々しい気持ちになったりと、
身体と精神は密接な関係にあります。
ため息をよくする人ならため息を我慢してみる。
嫌な気分の時こそ笑ってみるなど、身体にポジティブな動作をさせることで気持ちもポジティブになります!

このような小さなことからポジティブは作られています。
初めは慣れずに、ついついネガティブになってしまうかもしれませんが少しづつ自分を変えてみてください。
ポジティブは人生をもっと楽しくしてくれます!ポジティブに考えて自分の人生を最高なものにしましょう!

 

 

 

よく読まれている記事

まつしの画像 1

初めまして!まつしです! 私は現在、サポート校の主任兼理科教師を務めながら・関西の不登校支援事業の運営に参画している26 ...

-エンタメ教育
-

Copyright© エンタメ教育研究室 , 2018 All Rights Reserved.